フォトショップを英語版で起動する方法

スポンサーリンク

英語版のフォトショップを使っている理由

私はフォトショップを英語版で使っています。
それはアクションファイルが英語版にしか対応していないからです。

スポンサーリンク

アクションファイルとは画像に様々なエフェクトをかけてくれる、非常におもしろいものなんですけれど、これは日本語のフォトショップにデフォルトで入っているものは、どれもこれもイマイチ野暮ったいと言うか、こんなことしかできないの?って言いたいくらい出来が良くないんです。

そんなわけで海外のダウンローダーからアクションファイルなどのプリセット類を落として使っています。

フォトショップ 英語版

たとえば、こんな薔薇の花束があるとします。
これにアクションファイルで加工をしてみるとちょっと変化します。

アイスキューブ加工

これはアイスキューブのアクションファイルです。
要はFrozen rosesを表現したくて、このアクションファイルを選択したんです。
私のフォトショップにはアクションファイルだけでも200種類以上インストールされているので、色々な加工をすることができます。

フォトショップの言語ファイルの書き換え方法

それで、肝心のフォトショップを英語版で起動する方法なんですけれど、まずエクスプローラーを開き、Cドライブを選択します。

中に、Proglam Files と言うフォルダがあるので開きます。
以下、順番に開いていってください。
Adobe
PhotoshopCC2018
Locales
ja_JP
Support Files

ここまで開いたら、tw10428_Photoshop_ja_JP.dat と言うファイルがあるかと思います。
この拡張子がdatだと日本語で起動してしまうので、tw10428_Photoshop_ja_JP.datbk このように書き換えます。
これでフォトショップを起動してみてください。
英語版で起動します。
OSはWindowsでもMACでも同じです。

ダウンローダーはいくつも種類がありますが、運営が中国だったりするところもあるので、私は、「ラピッドゲーター」 と言うサイトを何年も利用しています。
180日間499.99ドルのプランが、大きいサイズのファイルでも落としやすいのでお勧めです。
ラピッドゲーターの管理画面は日本語対応になっています。

「PSD Keys」 アクションファイルなどのプリセット類は、こちらのサイトから落とすこともできます。
表現の幅が広がるのでお勧めです。

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です