ブログ記事の画像、どうしていますか?

スポンサーリンク

ブログ記事の画像の拾い画はいけません

ブログ記事には最低ひとつは画像が入っていた方がいいです。
そんな画像はどのように準備なさっていらっしゃいますか?
無自覚に拾い画を使うのはいい方法ではありません。

スポンサーリンク

勝手に画像を拾って来たりして、画像にどんなバックがついているか分かったもんじゃないです。
特に人物画像は怖いおにいさんたちがついている可能性が十二分にあります。

となると無料の画像素材サイトからお借りしてくることになりますね。
規約をよく読んで正しく画像はお使いください。
私のところでも画像の無料素材サイトを作り始めました。
良かったらご利用くださいませ。→「無料画像素材@FREE」
注意書きも必要最低限に絞ってありますので、お気に召すものがありましたらご活用くださいませ。

画像にはオリジナリティがあった方がSEO的には有利なので、画像加工もお勉強されるといいでしょう。
現状、最強なのはやはりアドビのフォトショップかイラストレーターと思うんですけれど、どちらもそれなりに難易度は高いです。
毎日最低1枚は練習して、3ヶ月目くらいからでしょうか、自分がなにをしているか分かってくるのは。

フォトショップでアクションファイルの再生をしてみました

さっき、私がフォトショップで作った画像をサンプルとしてあげてみます。
こちらは元画像ですが、説明するまでもありませんね、ピーナツバターです。

ブログ 画像

今の画像にフォトショップのアクションファイルを再生してみます。

フォトショップ 加工画像

これはカートゥーン風のアクションファイルの再生をしてあります。
かなり印象が変わって見えるでしょう。
このくらいの加工を入れると画像のSEO施策も簡単になります。

ただし、アクションファイルを使う場合はフォトショップを英語版で起動することが必須です。
私はもう5年以上アクションファイルなどのプリセット類を集めているんですけれど(もちろん有料です)、アクションファイルだけでも300種類以上インストールされています。

フォトショップの英語版での起動は言語ファイルの書き換えをすればいいだけなので、そんなにむずかしいことではありません。
使う英語もそんなにむずかしいことは要求されていないので、慣れたら苦ではないでしょう。
次回にでもご説明したいと思います。

スポンサーリンク

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です