「読まれる」記事を書くちょっとした工夫

スポンサーリンク

直帰率を下げるための工夫

グーグルアナリティクスでアクセス解析をすると直帰率と言う項目があります。
これはパーセンテージが高いほどサイトからユーザーがすぐに離れてしまうことを指していて、つまり直帰率が高いサイトほど実際に記事が読まれていることは少ないんです。

スポンサーリンク

どうせ記事を書くなら、直帰率の低い「読まれる」記事を書きたいですね。
どんなところに注意して記事を書いたら直帰率が下がるか考えてみましょう。

私がいつも考えているのは、文章の間合いとリズム。
表現に緩急をつけることで、読者を飽きさせず最後まで読んでもらうようにと心がけています。

ブログ記事の文末は一般的に「です」「ます」調で終わるようにと言われています。
私もこれには異論がないんですけれど、記事を書き慣れない方なんかは特にそうなんでしょうが、「です」「ます」を意識するあまり、文章が役所の書類のようになってしまって、なんの面白みも感じられなくなってしまうことがあります。

川端康成じゃありませんが、「美は乱調の中にある」も一理です。
堅苦しい文章は、一部を敢えてフランクな表現に変えてみるとか、漢字は分かっているけれど、敢えて重要ではないところはひらがな書きにしてみるとか、なるべく並んでいる字面の堅苦しさを取り除くといいでしょう。

ブログ記事 書くコツ

また、私がおこなっている工夫なんですけれど、「○○なのです」と書きたいところを「○○なんです」って書き換えるだけでも文章にかなりの平易さと親近感が出ます。
どうしても文章が堅苦しくなりがちな方はこんな工夫をしてみてもいいでしょう。
平易で親しみやすい文章が書けるようになると、それだけ読者はもうちょっと読んでみようかと言う気持ちになって、その結果直帰率が下がって行くでしょう。

ブログ記事には書き手個人のパーソナリティが感じられるようにするといいです

もちろん記事には読者にとって有益な内容が書かれていなくてはいけません。
何かひとつは「いい情報を持って行ってもらう」くらいの気持ちで書かないと、その記事は読まれることがないでしょう。

既視感がある、こんなの知ってると思われてしまう文章には、書き手のパーソナリティが前面に出ていない場合が多いです。
ブログ記事は自分の意見をストレートに書いていいんです。
それが書き手の個性なんですから。
そこまで出せるようになると直帰率はドーンと下がり、収益アップへの道が近づくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

(Visited 111 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です