記事ライティングの基本的な注意点

スポンサーリンク

「読者にとって有益な情報が書かれているか」が最重要

さて、ブログの外観ができたところで記事を書きましょう。
1つの記事の文字数は最低700文字は欲しいところです。
今の検索エンジンはなかなかお利口さんになっているようで、記事の見極めを「読者にとって有益な情報が書かれているか」をメインに判断して検索上位に上げて行くようにできています。

スポンサーリンク

その観点から見ると700文字では情報は足りないくらいなので、700文字と言うのは最低限必要数とお考えください。
私は1記事平均1000文字くらい書くように心がけていますが、1記事3000~6000文字を書く方たちも当たり前にいらっしゃいます。
なぜ私が1000文字で終わらせてしまうかと言うと、体力的な問題でしょうね。
一気に書き上げてしまわないと気が済まないので、何日もかかって6000文字とか書いていたら、こんなこと言っちゃマズいんですが、正直飽きちゃうんです。

1記事1000文字程度で切り上げてはいますが、SEOに強いジャンルがあって、あるキーワードで検索をすると私のブログがバーッと上位を独占することが結構あるので、文字の長短はそれほど大きな問題ではないでしょう。

簡単なSEO対策

文節の終わりは必ず「。」で終わらせること

それより問題なのは「書き癖」でしょう。
1行書いたら行間を取ってまた1行、とか、1行の文節の終わりが「。」ではなくて「、」で終わっている文章とか、そう言う書き方はまず、検索上位には上がれません。

これは好みの問題なので何とも言えませんが、私は必要以上に文字の色を変えたり、顔文字を使うのは好みではないのでそう言う装飾は一切なしですが、狙ったキーワードでは比較的上位に入っているので、ここもあまりこだわる必要はないでしょう。

ただ、文節の最後だけは必ず「。」で終わらせてください。

記事には画像もいれるようにしましょう

あとは画像も1記事に1枚くらいは入れた方がいいでしょう。
長い記事をお書きになるようでしたら、小見出しごとに1枚と言った感じで入れて行くといいでしょう。
画像には著作権がある場合もあるので、無闇やたらと拾い画を使わず、フリー素材や、「シャッターストック」のような素材販売のサイトをご利用になるといいでしょう。

ブログで使う画像なら一番小さなサイズで充分なのでそれほど費用もかかりません。
アダサイトでしたらオリジナル画像で勝負するのもアリですね。

更新頻度は、毎日。と言いたいところですが、たくさんのサイトを管理するとそれもむずかしいでしょう。
私はトレンド系のアフィリエイトはやっていないのでメインで5日に1回くらい、サテライトで10日に1回くらいの投稿を目指しています。
これはご自身で決めて、やりやすいペースで更新されたらいいかと思います。

スポンサーリンク

(Visited 87 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です