アフィリエイトとの出会い

スポンサーリンク

アフィリエイトで稼いでパートの仕事をやめました

こんにちは、はじめまして。
私は坂本と言う、今53歳のどこにでもいる普通の主婦です。
昨年までは近くのファミレスでパートに出ていたんですけれど、今年からはパートを止めて、アフィリエイトの仕事に専念しています。

スポンサーリンク

それはもちろん、とうとうアフィリエイトの報酬がパートのお給料を上回ってくれたからです。
パートは45歳の時から続けていたので、このままアフィリエイトを副業として仕事を続けるか迷ったんですが、パートに出ている時間でもっとアフィリエイトに対しての作業に集中できるんじゃないかと、それから、私も少し体がくたびれて来たので、休息を取る時間も欲しかったんです。

別にパートに出なくても、他の方法で収入が得られるんでしたら、なにもパートの仕事に固執する必要はないですよね。
在宅ワークなら通勤時間も煩わしい人間関係もありません。
自分で時間配分を決めて仕事をすることができますし、ノルマもありませんし、作り笑顔でご挨拶をする必要もありません。

師匠に言われた通りの6年間

アフィリエイトとの出会いは印象の良いものではありませんでした

私が最初にアフィリエイトを知ったのは30代の後半の頃です。
ある男性から、アフィリエイトを教えてあげます。と言われたことがあるんです。
教える条件として、売り上げは折半。
ふたりの共有ネットバンクの銀行の口座を作るように言われて、怖くなってブッチしたんです。

その男性がサンプルで見せてくれたサイトが、ホームページビルダーで作りました感丸出しの野暮ったいデザインのサイトだったので、こんなの作りたくないと思ったんです。

それから2年ほどして、当時はやっていたmixiで、スカイプ友だち募集のようなコミュに入ってみて知り合ったのが「師匠」でした。
彼女はプログラミングやソフトの開発を本業としている、私よりも4歳ほど歳上の女性でした。
在宅ワークをやってみたいな。みたいなことを何気なく私が書き込んだら、アフィリエイトをふたたび勧められたんです。

以前の経験を説明したら、全部無料で教えますよ。とサラッと言うんです。
それは申し訳ないと遠慮すると、情報はいくらお金をかけても得られるものではありませんから。と、その時の私には理解のできない発言をしていました。

この人なら信頼できるかも知れないとピピンと来て、私は師匠に教えを請うことにしました。
これがアフィリエイトと私の出会いです。

スポンサーリンク

(Visited 95 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です